ガン・脳梗塞検査

『血液を採取するだけでガンのリスクを測定する最新のガン検査』

アミノインデックス

当院が採用しているガン検査は、アミノインデックス癌リスクスクリーニング(AICS)といい、ガン患者は体内のアミノ酸の濃度バランスが変化するという特徴を利用して、ガンの早期発見につなげる世界初の技術です。
AICSは、ガンを特定診断するものではなく、あくまでもリスクを評価する検査です。それぞれのガンのリスクについて区別することが可能です。

検査項目

男性4種 胃ガン・肺ガン・大腸ガン・前立腺ガン・すい臓ガン
女性6種 胃ガン・肺ガン・大腸ガン・乳ガン・子宮卵巣ガン(子宮体ガン・子宮頸ガン・卵巣ガン)・すい臓ガン
料金 ¥23,500

AICS検査前の注意点

  • アミノ酸系のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュース、薬なども食事同様にお控えください。
  • 妊娠されている方は検査を受けられません。
  • 検査をご希望の方は、まず受診して頂き、検査の説明を受けて頂き、後日の検査とします。

アミノ酸とは

人間の身体は主にタンパク質からできています。主要成分であるタンパク質は、数十種類ものアミノ酸から構成され、全身を巡る血液中にも体重のおよそ0.002%のアミノ酸が遊離アミノ酸として存在しています。
それぞれのアミノ酸は、ほぼ一定の量を保つようにコントロールされて、体内の代謝物を通じて身体の機能に大きく関わっています。

アミノ酸バランスと病気の関係

病気になると、代謝のバランスが変化して、血中アミノ酸濃度に変化が起きることがわかっています。
血中アミノ酸濃度の変動が報告されている例として、ガン・糖尿病・動脈硬化・肝臓病・腎臓病・アルツハイマーなどが挙げられます。

tel:078-351-4114